• ホーム
  • まつ毛育毛に相性がいい食べ物は?

まつ毛育毛に相性がいい食べ物は?

2019年09月17日
きれいな目とまつげ

痛んでしまったまつげをどうにかしたい!育毛剤をつけたり瞼のマッサージもしてるけど…という人は、もう一つ「まつげを育てる効果がある食べ物」をとりいれてみてはどうでしょうか。

まつげだけをピンポイントで強く濃く長くする、という食べ物はありません。
体毛の一種のため、育毛に効果的な食べ物を摂取するのが良いと言われています。

まつげや髪の主成分は、ケラチンという成分です。
ケラチンは18種類のアミノ酸がくっついてできたたんぱく質のことです。
アミノ酸を豊富に含むたんぱく質が、まつげを作ってくれるのです。
多く含まれている食材は肉や魚、チーズなどです。

血行を良くすることも重要です。
まつげは半月周期で抜けてしまう上、一日に0.1mmから0.3mmというスピードでしか伸びないのです。
髪の毛が一日0.3mmから0.5mm伸びると言われているので、その速度は髪の毛の半分なのです。
そのため、必要な栄養素がしっかりと届けるため、その仕事をしてくれる血液の流れを良くする必要があるのです。
ビタミンB2を多く含む鶏レバーやウナギなどを食べましょう。
またビタミンAは血行を良くする作用のほかに、メイクやクレンジングのダメージで抜けやすくなっているまつげを抜けにくくしてくれる効果もあると言われています。
豚レバーやしそ、にんじんに多く含まれています。

必要な栄養素のために決まった食材だけを摂取すると、ほかの栄養素を過剰に摂取してしまう可能性があります。
まずは健康的なバランスの取れた食生活を行い、強く濃く長いまつげが生えてくるようにしましょう。
それでも不足している栄養素は、サプリメントで摂取するようにすると他の栄養素の過剰な摂取を抑えることができます。